iPhoneXRを購入!実際に使ってわかった6つのメリットと4つのデメリット

MacBookとのシナジーを最大限に引き出すため、愛用していたAndroidスマホを手放しiPhone XR、買いました!

早速ブラウジングから写真撮影、それを母艦と同期しつつブログ記事作成など、色々と触ってみたうえでざっくりレビューをしていきますね。

iPhone XRの外観

手元に届いて開封する時に撮影した写真で外観をお届けします。

茶色い運搬用のダンボールを開けると、いつもの白い箱が。

Apple製品はいつも箱からして気品が漂いますね。

お馴染みの白い箱を開けて、書類やSIMスロット用のピンがまとめられているスリーブを取り出すと、鎮座する美しいiPhone XRとご対面です。

液晶のフルディスプレイに、ブラスト加工が施されたアルミ製のフレーム。

このフレームは、宇宙航空産業でも使われている7000番代のアルミ合金をマテリアルにしているとのこと。
ぶっちゃけ普通のアルミとどう違うのか素人の僕にはわかりませんけど(笑)

ワイヤレス充電に対応するため、背面も全てガラスでできています。

ガラス製のはずなのに、しっかりと色が強調されているあたりにAppleの強いこだわりを感じますね。
あぁ、美しい。

背面カメラは依然として出っ張っていました。

このカメラの出っ張りが超ダサいと思ってるのは僕だけですか……?

底面はLightningポートとスピーカーが並んでいます。
微妙に芯ズレしてるのは何か意図があるのかな?

全体的に、iPhone Xをフォーマルからカジュアルにデザインし直したような外観をしています。

iPhone XRのざっくりレビュー

数日のあいだ使ってみて、良かった点と微妙に感じてしまった点をご紹介しますね。

iPhone XRの良かったところ

こんなところが最高だよ!
  • バッテリーがめっちゃ長持ち
  • 横の表示幅がXS Maxと同等で表示できる情報量が多い
  • デザインがちょうど良い
  • 豊富なカラーの中から好みの一台を選択できる
  • 128GBがラインナップにある
  • なんと言っても価格が安い(重要)

バッテリーが長持ち

バッテリーは尋常じゃなく長持ちします。

これまで使ってきたスマホたちの中でもダントツでナンバーワンです。

なんせ朝100%の状態から夜充電器に乗せるまで、50%を下回ったことがありません。

バリバリ3Dレンダリングのゲームとか、常時通信しっぱなしとかでもない限り、丸一日持たないことはないんじゃないかな?なんて思えます。

ちなみに公式のデータとしてはiPhone XSやiPhone XS Maxよりもバッテリー長持ちです。

かっこいいワイヤレス充電器と一緒に使おう!

NillkinのQiワイヤレス急速充電器「Magic disc 4」が近未来ガジェット感あってカッコイイ

表示できる情報量が多い

それからディスプレイについて、これはスペック表を見ただけではわかりづらいのですが、実は内部的な横幅はiPhone XS Max = iPhone XR > iPhone XSとなっています。

ので、画面サイズはXS Max > XR > XSなのにも関わらず、画面に表示できる情報量はXS Maxと同等ということになります!

本体サイズは中間なのに、画面を広々使えてしまう。すごくないですか?

デザインはカジュアルでどこでも使えそう

iPhone XS/XS Maxは高級感を前面に出したラグジュアリーなデザインが特徴的です。

でも、万人受けするかと言われれば微妙かもしれません。

少なくとも僕は、あの存在感のあるデュアルカメラは苦手ですし、鏡のように色々と反射する背面も”やりすぎ感”を感じてしまうのです。

しかしこのXRはもうちょっとカジュアルなデザイン。

シンプルなシングルカメラに、しっかりと”色”が強調された、それでも高級感の残る背面パネル。

アルミフレームは本体カラーと同調されていて統一感もあります。

廉価モデルと言われがちですが、”安物感”は皆無で、しっかりと高級スマホであることを意識させてくれます。

所有欲はバッチリと満たしてくれますよ!

128GBモデルがある

あと実は128GBのラインナップがあるのはXRだけなんですけど、これはエライと思います。

64GBだとちょっと不安だけど、256GBはいらないし高い……っていう層のユーザーの心を鷲掴みです。

これだけでXRが最有力候補になる人がいてもおかしくないレベルですね。

価格が安い

そしてこれが最重要なんですが。

安い!

いや、語弊がないように言っておきますけど、高いですよ?64GBモデルですら税込9万円超えですからね。

しかしラインナップの中では最安の端末です。

同じ最新のチップ「A12 Bionic」が積まれているにも関わらず、です。(スポーツカーのエンジンを積んだ普通車みたいなものでしょうか)

XSと比べて3万円ほど安い。
この差額にちょっと足せばiPad買えちゃいますね(笑)
※しっかりとiPad買いました

良かった点を挙げだすとキリがないので重要そうなポイントだけ押さえてご紹介しました。

MVNO(格安SIM)で運用すればもっとお得に!

mineoから楽天モバイルに乗り換えたら夕食のメニューが豪華になった スマホ料金を節約できる格安SIMとは?人気のmineoに乗り換えてみた!

iPhone XRのイマイチだったところ

次は逆に、使ってみて「ここはもうちょっとどうにかならんかったのかなぁ?」と思った点をリストアップしてみました。

ここは微妙だったな……
  • 結構重い(物理的に)
  • ベゼルの太さがやや気になる
  • アルミのフレームがサラサラすぎて落とさないか心配
  • 背面カメラの飛び出し方がだいぶカッコ悪い

物理的に重い

まず最初に箱から取り出した時点で感じたことなんですが……

クッソ重いです。

それもそのはず、XRの重量はなんと194g。

いつも持ち歩く・手に持っている頻度が多いスマホで150gを超えていると、長時間の使用は人によっては難しいかもしれません。

購入を検討している人は、何よりもまず”重さに耐えられるか”を重視して検討するといいと思います。
身近なものでいうと単四電池17個相当の重さです。

逆に、それ以外の点は些細なことと個人的には思えるレベルでした。

アルミフレームのサラサラ感とかカメラの出っ張りは、スマホケースを常用する人なら問題にはなりませんしね。

さいごに

iPhone XRは廉価版と認識されている場面が多いように感じますが、実際は全然そんなことはなくて、十二分にフラグシップモデルを名乗るにふさわしい端末に仕上がっていると感じます。

気になる部分はあるものの、XSとの価格差を考えると妥協できる・またはXSより優れている部分もあるくらいなので、購入検討中の方は「自分がiPhone Xシリーズで何をやりたいか」「価格差と特徴から本当に必要なのはどちらか」をよく考えた上で購入すると幸せになれるかもしれません。

個人的には「XRを選んで正解だったな」というのが素直な感想です。

こんな記事もオススメ!

iPhone XRとiPhone 8Plusならどちらが買い?購入を検討している人間目線での比較 iPhone XS/XS MaxとiPhone XRはどっちを買うべき?XR購入者目線で比較してみた HTCの格安スマホ【U11 life】レビュー!実際の使用感など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です