このブログはWordPressテーマ「THE SONIC」を使用しています

Windows PowerShellでファイルの作成日や更新日を操作する

2 min

なんやかんやあって、ファイルの作成日や更新日を捏造操作したい時に使えるWindows PowerShellのコマンドです。

悪いことに使っちゃダメだぞ!

PowerShellでアイテムプロパティを書き換える

ファイルの作成日や更新日などは、アイテムプロパティと呼ばれる情報として記録されています。

PowerShellを使ってこれらの情報を書き換えてやれば、意外と容易く偽装できてしまうんです。

アイテムプロパティは、そのファイルの様々な属性と値が内包されていて、その中から作成日や更新日などの属性を指定して書き換えてあげる必要があります。

属性ごとにコマンドが異なりますので、それぞれ見ていきましょう。

作成日時の値を変更する

「作成日時」の属性は、文字通りそのファイルが作成された日時を示します。

作成日時の値を書き換えるPowerShellコマンドはこんな感じ。

Set-ItemProperty (ファイル名) -Name CreationTime -Value "2019/01/01 12:00:00"

アクセス日時の値を変更する

「アクセス日時」の属性は、そのファイルに最後にアクセスした日時を示します。

お気付きかもしれませんが、作成日時ではCreationTimeとなっていた部分をLastAccessTimeに置き換えているだけです。

日本語に直すとこの部分がまんま属性を表していることがわかりますね。

Set-ItemProperty (ファイル名) -Name LastAccessTime -Value "2019/01/01 12:00:00"

更新日時の値を変更する

「更新日時」の属性は、そのファイルを最後に更新した(上書き保存した)日時を示します。

ここでも例によって属性部分を置き換えて記述します。

更新日時は「LastWriteTime」となります。

Set-ItemProperty (ファイル名) -Name LastWriteTime -Value "2019/01/01 12:00:00"

さいごに

どこまで需要があるかわかりませんが、基本的なファイル操作ということでご紹介しました!

あわせて読みたいWindowsの小ネタ!

未経験からITエンジニアになりました!

今までは趣味としてプログラミングを独学してきたけど、やっぱりこれを仕事にしたい……!

そう思い立ったはいいものの、世間の情勢などもあり未経験でのエンジニア職の中途採用が絶望的な状況

大手転職エージェントを通して何社も面接を受けては落ちてを繰り返し、諦めかけていたのですが……。

気分転換で登録した転職サービスで、とある企業から内定をいただくことができました

同じように未経験からITエンジニアを目指している方へ、どんなに厳しくても可能性がゼロではないことを伝えたい。

ポイントは、IT業界に精通した転職サービスを利用すること。
これだけで少なくとも面接へ進める可能性がグッと高くなります。

あなたがもしIT特化の転職サービスに未登録で苦しんでいるなら、ぜひ利用してみてください。きっと可能性が広がりますよ!

\無料のIT系転職サービス/

/優良案件がたくさん\

関連記事
はるしか

はるしか

ゲーム・漫画・アニメ・クルマ・ガジェットなど多趣味な雑食系で、趣味でプログラミングをポチポチしてたら本業エンジニアになってしまった人。
動物占いは子鹿。
忘れっぽい自分へのメモ代わりの記事が多めです。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です