GoogleChrome上でマウスカーソルが消えた時の対処法

2 min

Windows10のGoogleChrome上でブログ記事を書いている時、何かの拍子でマウスカーソルが行方不明になりました。

タスクバーには普通に表示されていたので、おそらくChrome上の問題だろうと思って原因を調べたところ、ハードウェアアクセラレーションがイタズラしているようですね。

Chromeの設定でチョイチョイっと直せましたので、備忘録も兼ねてご紹介します。

ハードウェアアクセラレーションを無効にする

Chromeの設定を開きます。

下までストロークすると[詳細設定]がありますので、クリックして開きます。

さらに下までスクロールして、[システム]項目の中の[ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する]がONになっていたらOFFにしましょう。

オフにすると再起動ボタンが表示されますので、クリックしてChromeを再起動しましょう。

これで再び立ち上がったChromeでは、しっかりとカーソルが表示されていました!

逆パターンもあり

実は上の内容を書いたのが半年ほど前なのですが、下書き状態で公開しないでいました。

ここ最近になって再発したので、もう一度設定を開いてハードウェアアクセラレーションの設定をONにしてみたらこれまた直りました(笑)

僕は記事執筆にSurface Proを使っているのですが、今回マウスカーソルが消えた原因はおそらくタイプカバーをつけたり外したり、Windowsのタブレットモードを有効にしたり戻したりを繰り返していたからではないかな?と疑っています。

Surface Proはタッチパネルに対応しているので、マウスカーソルが消えていても設定変更の操作に支障はありませんでしたが、タッチ非対応のPCでは少し手間取るかもしれません。

さいごに

突然マウスカーソルが消えて焦りましたが、かんたんな設定変更だけで無事に復旧できました。

タッチパネル搭載の有無で設定変更の難易度が変わってきますが、非搭載の端末でもホバーエフェクトを頼りにしていけば必ずできますので、Chrome上でマウスカーソルが消えてしまった時は設定の確認をしてみましょう。

奥の手として、Windowsの再起動という選択肢もありますよ!

Windowsのその他のトラブルシューティング

未経験からITエンジニアになりました!

今までは趣味としてプログラミングを独学してきたけど、やっぱりこれを仕事にしたい……!

そう思い立ったはいいものの、世間の情勢などもあり未経験でのエンジニア職の中途採用が絶望的な状況

大手転職エージェントを通して何社も面接を受けては落ちてを繰り返し、諦めかけていたのですが……。

気分転換で登録した転職サービスで、とある企業から内定をいただくことができました

同じように未経験からITエンジニアを目指している方へ、どんなに厳しくても可能性がゼロではないことを伝えたい。

ポイントは、IT業界に精通した転職サービスを利用すること。
これだけで少なくとも面接へ進める可能性がグッと高くなります。

あなたがもしIT特化の転職サービスに未登録で苦しんでいるなら、ぜひ利用してみてください。きっと可能性が広がりますよ!

\無料のIT系転職サービス/

/優良案件がたくさん\

関連記事
はるしか

はるしか

ゲーム・漫画・アニメ・クルマ・ガジェットなど多趣味な雑食系で、趣味でプログラミングをポチポチしてたら本業エンジニアになってしまった人。
動物占いは子鹿。
忘れっぽい自分へのメモ代わりの記事が多めです。

FOLLOW

カテゴリー:

5 件のコメント

  1. グーグルクロムの設定にハードウェアアクセラレーションの項目がない場合どうしたらいいですか。

    • help meさん、コメントありがとうございます。
      ハードウェアアクセラレーションの項目がないという状況に遭遇したことがないので、それについての解決策をご案内することはできません。
      お力になれず申し訳ありません……。

  2. ポインター、復活しました!!
    ありがとうございました(^^)
    ブログで紹介させていただきました。

    • あま日さん、コメント&ブログでのご紹介ありがとうございます。
      当記事が問題解決のお役に立てたようで良かったです!
      これからも「こじかログ」をよろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です