MacのSafariでカーソルオン時にリンク先のアドレスを表示させたい

MacのSafariでサイトを見ているとき、リンクが貼られているたびに「このリンク、どこに飛ぶんだろう?」と気になっていました。

そんな時、リンク先のアドレスが表示されると嬉しいですよね。

Google製のブラウザ「Chrome」では標準で表示されるのですが、Safariはデフォルトでは何も出てきません。

でも安心してください。
かんたんな設定一つでChromeと同じようにリンク先アドレスを表示できるようになりました!

Safariでステータスバーを表示する設定

リンク先アドレスなどを表示するエリアのことを「ステータスバー」と呼ぶのですが、これはSafariのメニューから表示/非表示を切り替えられます。

  1. Safariを開き、メニューバーから「表示」を選択。

  2. 「ステータスバーを表示」項目をクリックします。

必要な手順はたったのこれだけ。

Safariの再起動なども特に必要ありません。

試しに、そこらのリンクの上にカーソルを持っていってみてください。
ウィンドウの左下に、リンク先アドレスが表示されていることでしょう。

ステータスバーはこんな感じに表示されます。

同じ手順で、非表示に戻すことも可能です。

ショートカットでサクッと切り替え

毎回メニューバーにアクセスするのも面倒ですので、表示/非表示を切り替えるショートカットキーを覚えてしまうといいですね。

⌘/

さいごに

SafariはMac標準のブラウザなので、できれば日常的に利用したいですね。

拡張機能などを使えば使い勝手はよくなりますので、上手に活用していきたいところです。

Safariをもっと便利に!

MacのSafariでもChromeみたいに日本語に翻訳して閲覧したい MacのSafariでzipをダウンロードした時に勝手に解凍されないようにする MacのSafariに「開発メニュー」を追加すれば要素の検証が可能に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です