このブログはTHE SONICテーマを使用しています

MacのSafariは再起動するとタブ全閉じてしまう…と思った?

1 min

メインマシンをMacにしてからずっと不便に感じてたんですけおど、一応回避方法はあったんですね。

はるしか

今までは作業用に開いていたタブが消えてしまうのが嫌で、再起動やシャットダウンはほとんどしたことがありませんでした!

Safariの設定を変更する

Safariの「環境設定」+,から設定を変更しましょう。

一般のSafariの起動時という項目を、プルダウンから「最後のセッションの全ウインドウ」に変更します。

これだけで、Safariを終了しても再起動時にはタブが復元されるようになりました。

が、実は「Safari起動時」というのがクセモノなんです。

Safariを終わる時には「終了」する

Safariというか、Macのアプリケーションは基本的に左上の×を押しても「終了」しません。
「閉じる」だけなんですね。

ですので、開いているタブを復元させたいなら×ではなくDockのアイコンを右クリックして出てくるメニューで「終了」してあげる必要があります。

もしくはSafariをアクティブ状態にして+Qで終了することもできますよ。

誤って×を押して閉じてしまうと、全てのタブが消えてしまうので注意が必要です!

さいごに

慣れるまでは間違えて「閉じて」しまい、作業中のタブが全滅なんてこともありました。

今ではもう流れるように+Qで終了できるようになったので、Safariの利便性がめちゃくちゃ向上しています!

関連記事
はるしか

はるしか

ゲーム・漫画・アニメ・クルマ・ガジェットなど多趣味な雑食系で、わからないこと・気になることがあればすぐ調べないと気が済まないタイプ。
集めた知識を独自の観点でお伝えしていきます。

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です