MacのTime Machineはスリープ中にも動くのか

Macでコンピューターを丸ごとバックアップできる標準アプリの「Time Machine」。

最近ネットワークHDD(NAS)を導入して、このTime Machineを使ってMacBookProのバックアップを取ってやろうと考えていたのですが……。

よめねこ

そういえば、Time Machineってスリープ中でも動くの?

なんていう疑問があったので、ちょっとだけ調べてみました。

Time Machineはスリープ中どうなるのか

実はMacには、スリープ中にも一部機能を実行できるPower Napという機能があります。

これが有効になっているとTime Machineのほか、メールやカレンダーの同期など、iCloudのチェックをスリープ中にも行ってくれるようになります。

このPower Napが有効になっているかの確認は次の手順でできますので、設定されてなければ利用してみてください!

Power Napの設定を確認する方法

はるしか

Macが電源に繋がってる時とバッテリー駆動の時で分けて設定できますよ!

電源アダプタ接続時の確認方法

iMacや、電源ケーブルが本体に繋がっている状態のMacBookなどはこちらの方法で確認できます。

  1. まずはシステム環境設定を開きましょう。

  2. 省エネルギーの項目に進み、電源アダプタタブを開きます。

    電源アダプタに接続中にPower Napをオンにする設定にチェックが入っていることを確認します。

バッテリー電源使用時の確認方法

電源が繋がってなく、バッテリーで駆動中のMacBookなどはこちらで確認できます。

  1. システム環境設定を開きます。

  2. 省エネルギーの項目に進み、「バッテリー」タブを開きます。

    バッテリー電源使用時にPower Napをオンにする設定にチェックが入っていることを確認します。

さいごに

実際にPower Napをオンにして一晩寝かせてみると、Time Machineのバックアップの進捗が80GBほど完了していました。

これはNASの書き込み速度などによっても変わってきそうですけど、スリープ状態でもきちんと動いていることが確認できました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です