iPhoneのカメラで明るさ変更した時に元の画像が保存されないようにする

HDRで露光を変更して撮影した時、オリジナルの画像と変更後の画像が両方とも保存されてしまう状況があったので、解決方法の備忘録です。

iPhoneの設定で簡単に直すことができるので、オリジナルの画像を残す必要のない人はチャチャっとやってしまいましょう!

カメラの設定を変更する

  1. まずはiPhoneの「設定」アプリを開いて下にスクロールし、「カメラ」をタップします。

  2. 「通常の写真を残す」にチェックが入っていたら、タップしてオフにしましょう。

  3. 画像のように、ボタンが白色になっていれば設定はOKです!

さいごに

これだけで補正後の写真だけを残す状態にできました。

逆に「補正前の写真も残したい」場合は上記の設定を元に戻すだけなのでカンタンですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です