iPhone/iPadのバックアップを作成して万一に備えよう

iPhoneやiPadが万が一ぶっ壊れてしまったり、なんやかんやあった時に対処できるよう、バックアップを取る方法を学んでおきましょう。

iPhoneやiPadでバックアップをとる方法

iPhoneやiPadでバックアップをとる方法は次の2種類あります。

  • iCloudを使う方法
  • iTunesを使う方法

ひとつ目のiCloudを使う方法がお手軽なので、この記事ではこちらを紹介します。

バックアップをとる手順

実際にバックアップをとる手順を僕のiPadで説明していきますね。

  1. ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

  2. 自分のアカウントの部分をタップしましょう。

  3. 下の方にある登録された端末から、バックアップをとる端末を選択してタップします。

  4. 「iCloudバックアップ」をタップして詳細を開きます。

  5. 「iCloudバックアップ」のスイッチをタップしてONにしましょう。

  6. 「今すぐバックアップを作成」をタップするとバックアップの作成が開始されます。

  7. あとはバックアップが作成されるのを待ちましょう!

以上でバックアップの作成は完了です。

さいごに

万が一データがぶっ壊れても安心できるように、普段からバックアップする習慣をつけたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です