iPhoneにドット抜け!初期不良になる?→返品対応していただけました

iPhone XRを購入して有頂天になっていたはるしか@HAL_Gathererです。

iPhoneXRを購入!実際に使ってわかった6つのメリットと4つのデメリット

発売直後の納品ラッシュを経てようやく手元へ届き、開封の儀を済ませて使用すること2日目に事件は起こりました。

それまで全く気づかなかったのですけど、たまたま背景が真っ黒になるタイミングがあって、ドット抜けが発覚。

大型スクリーン、ベゼルレス、Retina……等々、ひたすらスクリーンを売りにしているiPhone Xシリーズでドット抜けなぞ由々しき事態です。
これを数年は使い続けるのか、なんて考えてしまうともうおしまい。

よめねこ

細かいね……。

はるしか

貧乏人が一大決心して買った高級端末だもの!

最近のiPhoneは10万円前後するなど携帯電話とは思えないほどの金額で、普段なら気にならないようなことでも過剰に反応してしまいがちですよね。

今回のドット抜けは修理になる?整備済製品と交換?お金はかかるの?など、色々と不安を覚えつつもAppleに助けを求めてみました。

ドット抜けは初期不良になる

大抵のメーカーの場合、ドット抜けは”液晶スクリーンの仕様”で片付けられてしまうはず。

片手に収まるサイズの端末のスクリーンですら数百万のピクセルが集まっているのですから、どこかしら一箇所だけ死んでしまっていてもおかしくはありません。

たぶん門前払いだろうなぁとか色々考えながらAppleのサポートに電話をかけることに。

AppleCare
TEL : 0120-993-993(フリーダイヤル)

はじめに音声ガイダンスに従って操作していくと、30分くらい待たされた後にアドバイザーの方が応対してくれました。

症状と氏名を伝え、少しのやり取りをしている中では、どうやらドット抜けはAppleさん的に初期不良という扱いでいいらしいことが判明!

粉になりそうなほど砕いたやり取りの内容がこちら。

Appleさん
こちらアップルです。どうしました?
はるしか
あ、あ、あのぉぉぉ、ドドドットが、あの、抜けてて……(どもりながら)
Appleさん
ディスプレイのドット抜けですね、最後まできっちりサポートしますから安心してくださいね!
はるしか
あ゛、ありがとうございましゅ……。

コミュ障全開のはるしかさんは、この時点でアドバイザーのお兄さんへの好感度がMAXに。

Appleさん
まずはお名前を教えてください!
はるしか
し、鹿と申しましゅ……!
Appleさん
鹿さん、ドット抜けの位置はどのあたりになりますか?
はるしか
画面の下側の真ん中よりちょっと左です(ここだけドヤ顔)
Appleさん
ありがとうございます。
おそらく修理か交換という形になるかと思いますが、店頭でお渡しいただくか、こちらに送っていただくか、どちらの方が都合がよろしいですか?

対応としては

  • 店頭で引き渡して修理or交換
  • 配送で修理or交換

になるようです。

はるしか
お、お、送りますっ!!

ただ僕はApple Careには加入していなかったので、修理ではなく交換扱いにできないか尋ねたところ、どうやら電話をかけていたApple Careの窓口では対応できないようでした。

そういうケースではApple Storeに電話するべきとのことです。
すみません……。

するとアドバイザーのお兄さんがApple Storeで対応できないか確認してくれ、しかもそのまま取次ぎまでしていただけました。

新品の端末を再び手に入れる

続いて代わってくれたApple Storeの方の話によると

  • 今のiPhoneを返品して、新しい商品到着後に返金してもらう
  • 修理のために送る

の選択肢があるそう。

修理のために送るって、AppleCareの時と対応一緒じゃね?

ちなみにどちらをとっても送料はAppleが持ってくれるそうです。

前に使ってたAndroid端末は売ってしまったので、電話として使えない期間があると色々と問題が発生してしまうかも……。

何か良い手はないかと思って聞いてみると、返品の場合は商品到着後14日以内に返品手続きをしてもらえれば、Appleさん的には問題はないとのことです。

幸いなことにiPhoneを手に入れた翌日に気づいてすぐに電話したため、日にちには余裕がありました。

少しだけ返品を遅らせて、その間に新しい端末を買ってしまえば不通期間は限りなく0にできるとのこと……!

Appleさん、あなたが神か。
本当にありがとうございます。

で、そのまま電話で返品の受付をしてもらうことに。

本人確認で郵便番号、住所、氏名、電話番号を伝え、Apple Storeの注文番号を照合し、間違いないことを確認。

数日後の午前中に回収を依頼しました。

電話を切った瞬間Apple Storeに接続、光速のマウス捌きで同じモデルを購入。

はるしか
新しいiPhoneを買う時のあのドキドキをもう一度味わえるなんて!

発売初期のラッシュは落ち着いたのか、翌日には配送される予定だったので、受け取るまでは今の端末を壊さないよう最新の注意を払って保管しておきました。

新しい端末、到着。そして……

新品の端末が届き、二度目の開封の儀に恍惚の境地。

はるしか
(っ’ヮ’c)ウッヒョオオオオアアアアアアアアアwwwww

2台並んだiPhone XRの記念撮影と端末移行だけ済ませて返送準備です。

新しいXRが送られてきた配送用のダンボールに、そのままドット抜けのXRをしまった箱を入れてテープ留めし、業者が回収に来るのを待ちつつ新しい方もドット抜けのチェック。

はるしか
死んでるピクセルはない!完全体がやってきた!

これで画面が暗転しても不自然に光るドットにソワソワする日々ともさようならだ……。
なんて晴れやかな気分なんだろう……!!

さすがはApple、こういうめんどくさいユーザーにもきちんと快適な使い心地を与えてくださる!

もう一生Apple製品を使い続けます。

まとめ

iPhone XRに限らず、その他の機種でもきっとAppleならば初期不良として対応してくれるでしょう。

ユーザーファーストを徹底しているからこそ、ファンの心を鷲掴みにして離さないのでしょうね。

こうしてまた一人、Apple信者が誕生したのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です