Affinity Designerの特典Grade UI Kitをインポートする

Affinity Designerを購入すると、様々なアイコンなどが含まれたパッケージ(Grade UI Kit)を無料で取得することができます。

パッケージをインポートすることで利用できるテンプレートが豊富になりますので、ぜひ取り入れておきましょう。

Grade UI Kitを手に入れる

入手方法は、こちらの記事で解説しています。

Affinity Designerの無料特典Grade UI Kitを手に入れる方法

Grade UI Kitを解凍

ダウンロードしたファイルはzip形式の圧縮ファイルですので、インポートする時に必要なものがすぐに選択できるよう、Finder上でダブルクリックして解凍しておきます。

解凍できると、フォルダが一つ展開されます。

展開されたフォルダの中身はこんな感じ。

アセットのインポート手順

まずはアセットをインポートしましょう。

インポートするためには、アセットスタジオを表示させる必要があります。

画面にこんなのが表示されていなければ、以下の手順で表示させてください。

アセットスタジオの表示

  1. ツールバーの[表示]を選択します。

  2. [スタジオ]->[アセット]をクリックします。

  3. アセットスタジオが表示されました。

アセットをインポート

ここからようやくインポートの手順です。

  1. アセットの右上にあるハンバーガーメニュー(三みたいなマーク)をクリックして開きましょう。

  2. [アセットのインポート]をクリックします。

  3. 解凍しておいたフォルダの中から[Assets]->[Grade UI.afassets]というファイルを選択し、開きましょう。

  4. 無事にインポートされれば、アセットに「Grade UI – Basic Elements」という種類が増えます。

パレットのインポート手順

次に、パレットもインポートしてしまいましょう。

スウォッチの表示

アセットの時と同様、はじめにスウォッチを表示させてあげる必要があります。

  1. ツールバーの[表示]を選択します。

  2. [スタジオ]->[アセット]をクリックします。

  3. スウォッチが表示されました。

パレットをインポート

  1. スウォッチの右上にあるハンバーガーメニューをクリックして開きましょう。

  2. [パレットのインポート]->[アプリケーションパレットとして]をクリックします。

  3. 展開したフォルダから[Palettes]->[Grade UI – Fills.afpalette]を選択し、開きます。

  4. パレットが追加されました。

  5. 同様の手順で、[Palettes]->[Grade UI – Gradients.afpalette]を選択し、開きます。

  6. パレットが追加されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です