このブログはWordPressテーマ「THE SONIC」を使用しています

Affinity Designerの特典Grade UI Kitをインポートする

2 min

Affinity Designerを購入すると、様々なアイコンなどが含まれたパッケージ(Grade UI Kit)を無料で取得することができます。

パッケージをインポートすることで利用できるテンプレートが豊富になりますので、ぜひ取り入れておきましょう。

Grade UI Kitを手に入れる

入手方法は、こちらの記事で解説しています。

Grade UI Kitを解凍

ダウンロードしたファイルはzip形式の圧縮ファイルですので、インポートする時に必要なものがすぐに選択できるよう、Finder上でダブルクリックして解凍しておきます。

解凍できると、フォルダが一つ展開されます。

展開されたフォルダの中身はこんな感じ。

アセットのインポート手順

まずはアセットをインポートしましょう。

インポートするためには、アセットスタジオを表示させる必要があります。

画面にこんなのが表示されていなければ、以下の手順で表示させてください。

アセットスタジオの表示

  1. ツールバーの[表示]を選択します。

  2. [スタジオ]->[アセット]をクリックします。

  3. アセットスタジオが表示されました。

アセットをインポート

ここからようやくインポートの手順です。

  1. アセットの右上にあるハンバーガーメニュー(三みたいなマーク)をクリックして開きましょう。

  2. [アセットのインポート]をクリックします。

  3. 解凍しておいたフォルダの中から[Assets]->[Grade UI.afassets]というファイルを選択し、開きましょう。

  4. 無事にインポートされれば、アセットに「Grade UI – Basic Elements」という種類が増えます。

パレットのインポート手順

次に、パレットもインポートしてしまいましょう。

スウォッチの表示

アセットの時と同様、はじめにスウォッチを表示させてあげる必要があります。

  1. ツールバーの[表示]を選択します。

  2. [スタジオ]->[アセット]をクリックします。

  3. スウォッチが表示されました。

パレットをインポート

  1. スウォッチの右上にあるハンバーガーメニューをクリックして開きましょう。

  2. [パレットのインポート]->[アプリケーションパレットとして]をクリックします。

  3. 展開したフォルダから[Palettes]->[Grade UI – Fills.afpalette]を選択し、開きます。

  4. パレットが追加されました。

  5. 同様の手順で、[Palettes]->[Grade UI – Gradients.afpalette]を選択し、開きます。

  6. パレットが追加されました。

未経験からITエンジニアになりました!

今までは趣味としてプログラミングを独学してきたけど、やっぱりこれを仕事にしたい……!

そう思い立ったはいいものの、世間の情勢などもあり未経験でのエンジニア職の中途採用が絶望的な状況

大手転職エージェントを通して何社も面接を受けては落ちてを繰り返し、諦めかけていたのですが……。

気分転換で登録した転職サービスで、とある企業から内定をいただくことができました

同じように未経験からITエンジニアを目指している方へ、どんなに厳しくても可能性がゼロではないことを伝えたい。

ポイントは、IT業界に精通した転職サービスを利用すること。
これだけで少なくとも面接へ進める可能性がグッと高くなります。

あなたがもしIT特化の転職サービスに未登録で苦しんでいるなら、ぜひ利用してみてください。きっと可能性が広がりますよ!

\無料のIT系転職サービス/

/優良案件がたくさん\

関連記事
はるしか

はるしか

ゲーム・漫画・アニメ・クルマ・ガジェットなど多趣味な雑食系で、趣味でプログラミングをポチポチしてたら本業エンジニアになってしまった人。
動物占いは子鹿。
忘れっぽい自分へのメモ代わりの記事が多めです。

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です