Mac起動時から「Monosnap」をメニューバーに自動的に常駐させる

Macのスクリーンショット加工アプリ「Monosnap」。

一度起動してしまえばシステム終了まで常駐してくれるので、すぐにショートカットで呼び出せて便利ですよね。

でもOSを立ち上げるたびにMonosnapも起動……というのは面倒だし、意外と忘れがち。

はるしか
Monosnap起動してないのにショートカット使おうとして「ボン」って効果音をしょっちゅう耳にしています……。

便利なアプリを便利なままに使うために、OSを立ち上げた時に勝手にMonosnapも起動するようにしちゃいましょう。

Monosnapの「スタートアップ」設定方法

  1. まずはじめにMonosnapを起動しておきましょう。

    メニューバーの常駐アプリにMonosnapのアイコンがあればOKです。

    起動していない状態
    起動してある状態
  2. メニューバーのMonosnapアイコンをクリックし、[Preferences…]を選択します。

  3. [General]設定項目内の[Launch at login]にチェックを入れましょう。

こうしておくことで、Macを再起動したりしてもMonosnapが勝手に立ち上がってくれるようになります。

あとはそのまま何も気にせずにスクリーンショットのショートカットキーを叩くだけで、普段通りに撮影・編集ができますので、うっかり防止などにも役立ってくれそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です