Gitの管理下から不要なファイルを除外する

Gitでバージョン管理をしているプロジェクトで、一度Gitの管理下に置いてしまったけれど「やっぱりいらね」ってファイルやディレクトリを管理から除外するコマンドです。

Git管理下から除外するコマンド

ファイルやディレクトリごとに設定していくのもいいですが、今回は面倒なので一括でやる方法です。

ターミナルやらコマンドプロンプトやらでGit管理されているプロジェクトのディレクトリに行き、次のコマンドを叩きます。

このコマンドはすべてのGit管理を外すためのものです。

$ git rm --cached -r .

続いてはgitignoreで指定されていないファイルとディレクトリをGit管理下に置くコマンド。

$ git add -A .

たったの2コマンドで深く考えることなくgitignoreで除外されていないファイルのみを再指定することができました。

楽チンですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です