同一ドメインでのサーバー移転時に新しいサーバーを参照させる方法

2 min

WordPressなどのWEBサイトを運営しているサーバーを移転させる時、同一ドメインのままだと移転元のサーバーにアクセスされてしまい、新環境で作業できない場合があります。

そんな時、強制的に移転先のサーバーを参照できるようにする方法がありますので、そ俺を利用して移転作業を完了させましょう。

hostsファイルを編集して新サーバーを参照する

hostsとは、ドメインとIPアドレスを指定することでDNSより優先的に紐付ける定義をするファイルのことを指します。

ここに、移転予定のドメインと新サーバーのIPアドレスと記述してあげることで、強制的に新サーバーを(自分だけ)表示できるのです。

Windowsでのhostsファイル編集方法

Windowsでは、基本的には以下の場所にhostsファイルが格納されています。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

これをメモ帳などのエディタで管理者権限で開き、次の通りの記法で最終行に追記してあげましょう。

管理者権限で開くには

hostsファイルを右クリックし、出てきたメニューで「管理者として実行」をクリックします。

123.456.789.012 example.com

IPアドレスとドメイン名の間は半角スペースもしくはtabで開けるようにしてください。

移転作業が終わったら、追記した部分は忘れずに削除しておくといいですね。

Macでのhostsファイル編集方法

Macではターミナルを利用するため、少し難しく感じるかもしれません。

アプリケーションから「ターミナル」を起動します。

ターミナルが立ち上がったら、次のコマンドを入力しましょう。

sudo vi /private/etc/hosts

パスワードの入力を求められたら、Macのパスワードを入力します。

hostsファイルが開いたので、編集のため英数モードで「Iキー」を押下してください。
一番下に「– INSERT –」と表示されていれば編集モードになっています。

方向キーでカーソルを移動できますので、Windowsと同様最終行に次の記法で追記してあげましょう。

123.456.789.012 example.com

IPアドレスとドメイン名の間は半角スペースもしくはtabで開けるようにしてください。

入力できたら、escキーを押下して編集モードを抜け、:wと入力してEnterで保存します。

その後:qと入力し、Enterで終了です。

未経験からITエンジニアになりました!

今までは趣味としてプログラミングを独学してきたけど、やっぱりこれを仕事にしたい……!

そう思い立ったはいいものの、世間の情勢などもあり未経験でのエンジニア職の中途採用が絶望的な状況

大手転職エージェントを通して何社も面接を受けては落ちてを繰り返し、諦めかけていたのですが……。

気分転換で登録した転職サービスで、とある企業から内定をいただくことができました

同じように未経験からITエンジニアを目指している方へ、どんなに厳しくても可能性がゼロではないことを伝えたい。

ポイントは、IT業界に精通した転職サービスを利用すること。
これだけで少なくとも面接へ進める可能性がグッと高くなります。

あなたがもしIT特化の転職サービスに未登録で苦しんでいるなら、ぜひ利用してみてください。きっと可能性が広がりますよ!

\無料のIT系転職サービス/

/優良案件がたくさん\

関連記事
はるしか

はるしか

ゲーム・漫画・アニメ・クルマ・ガジェットなど多趣味な雑食系で、趣味でプログラミングをポチポチしてたら本業エンジニアになってしまった人。
動物占いは子鹿。
忘れっぽい自分へのメモ代わりの記事が多めです。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です