GitLabでLet’sEncryptの自動更新がコケた

1 min

GitLabをLet s’EncryptでSSL化して運用してたのだけど、ある時を境に自動更新に失敗し、証明書の有効期限が切れてしまった。

調査と検証がだるかったし、また起こる可能性あるので解決策の備忘録。

この記事のコンテンツ

原因

Let’sEncryptさんがwebrootプラグインで証明書を自動更新するためには、ドキュメントルートのパスを指定してあげなければならない。

適当なディレクトリを作ってそこにバーチャルホスト設定を向けていたのだけれど、何かの拍子で404になってしまっていた。

力技で解決

色々と試してみたけどイマイチうまくいかなかったので、certbotのwebrootにGitLabのルートパスを向けましたとさ。めでたし。

# certbot certonly --webroot --webroot-path=/opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails/public -d hogehoge.com

未経験からITエンジニアになりました!

今までは趣味としてプログラミングを独学してきたけど、やっぱりこれを仕事にしたい……!

そう思い立ったはいいものの、世間の情勢などもあり未経験でのエンジニア職の中途採用が絶望的な状況

大手転職エージェントを通して何社も面接を受けては落ちてを繰り返し、諦めかけていたのですが……。

気分転換で登録した転職サービスで、とある企業から内定をいただくことができました

同じように未経験からITエンジニアを目指している方へ、どんなに厳しくても可能性がゼロではないことを伝えたい。

ポイントは、IT業界に精通した転職サービスを利用すること。
これだけで少なくとも面接へ進める可能性がグッと高くなります。

あなたがもしIT特化の転職サービスに未登録で苦しんでいるなら、ぜひ利用してみてください。きっと可能性が広がりますよ!

\無料のIT系転職サービス/

関連記事
はるしか

はるしか

ゲーム・漫画・アニメ・クルマ・ガジェットなど多趣味な雑食系で、趣味でプログラミングをポチポチしてたら本業エンジニアになってしまった人。
動物占いは子鹿。
忘れっぽい自分へのメモ代わりの記事が多めです。

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です