Mac起動時にChromeが勝手に起動している原因と対処法

Google製のブラウザChromeは軽くて多機能で優秀なアプリケーションですが、実はPCを起動すると勝手に立ち上がっていることをご存知ですか?

この記事では、Mac OSを起動した時にChromeが勝手に立ち上がっている現象を解決する方法をご紹介します。

Windows10でも同様の現象が起きますが、原因と対処法はコチラの記事をご覧ください。

PCを起動すると勝手にChromeも開いてしまう2つの原因と対処法

Mac版Chromeが勝手に立ち上がる原因

Mac OSでChromeをインストールすると、初期設定でMacの「自動起動」が有効になってしまっています。

この「自動起動」こそが、まさに勝手に立ち上がる現象そのものなのです。

このお節介な「自動起動」を無効にしてあげればいいわけですね。

Mac版Chromeの自動起動を無効化する

Chromeの自動起動を無効化する手順を画像付きでご紹介しますね。

  1. 左上のりんごマークから「システム環境設定」を選択します。

  2. システム環境設定のウィンドウから「ユーザーとグループ」を選択します。

  3. 「ログイン項目」タブを選択します。

    すると、OS起動時に一緒に立ち上げるアプリの一覧が表示されます。

  4. 自動起動リストから除外してあげましょう。

    Chromeが選択された状態にしてから、下部の「-」をクリックすればOKです。

これで次回のOS起動時から、Chromeちゃんが一緒に立ち上がる事は無くなりました!

さいごに

Windowsに続き、Macでもスタートアップアプリに勝手に指定されてしまう困ったちゃんなChrome。

便利だけど、PCのリソースを節約したい時とかは邪魔なだけですよね。
何より挙動が気持ち悪いので嫌いです(笑)

一度設定してしまえばスッキリ使えますので、ぜひ試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です