SANGOの完成されたデザインに、もっと便利を。

カスタマイザーでフロントページの設定をしよう

SANGOサポーターで実装できる機能のひとつ「カスタムフロントページ」は、カスタマイザーを使って編集できます。

このページでは、カスタマイズできる部分をご紹介しますね。

カスタマイザーに追加される項目

SANGOサポーターを有効化すると、カスタマイザーに次のような項目が追加されます。

SANGOサポーターのカスタマイズできる要素は、この中に集めらています。

このメニューを開くと、さらに機能ごとに項目がありますね。

どんな設定項目があるのか実際に見てみましょう。

設定できる項目

カスタマイザーのこじか【フロントページ】に入ると、こんな設定項目が並んでいます。

  • 上部左側の新着記事一覧の見出し
  • 上部右側の人気記事一覧の見出し
  • カテゴリー別記事一覧を人気記事にする
  • 人気記事の集計方法
  • サイドバーを表示
  • カテゴリー別記事一覧の分割数
  • フロントページ上部の記事件数
  • フロントページ下部の記事件数
  • 人気記事集計期間
  • 更新日を表示
  • キャッシュを利用する
  • キャッシュの保持期間(h)

少し数が多いですが、順番に解説していきますので必要な部分だけ編集してみましょう。

ご注意
説明に使用している画像はデモ用のローカルサイトですので、人気記事がありません。実際には各プラグインやSANGOの集計を利用した人気記事表示が行えます。

上部左側の新着記事一覧の見出し/上部右側の人気記事一覧の見出し

ページのコンテンツ部分のファーストビューにあたる、新着記事・人気記事一覧の見出しの設定です。

新着記事

人気記事

デフォルト値では、fontawesomeのアイコンと組み合わせて表示させていますが、文字だけにすることもできます。

もちろん、他に気に入ったアイコンがあればそちらを使っていただくことも可能です。

fontawesomeのアイコンはこちらからお探し下さい。

参考 Font Awesome IconsFont Awesome

カテゴリー別記事一覧を人気記事にする

ページ下部のカテゴリー別記事一覧の並び順を、デフォルトのランダムから人気順に変更します。

人気記事の集計方法

上部右側、カテゴリー別記事一覧(人気記事にしている場合)のランク付け基準にする集計方法を選択します。

デフォルトではSANGO標準の集計方法を利用してランキングを出力しています。

人気記事ランキング系のプラグインをインストール・有効化していると、その他の集計方法も選択できます。

対応しているプラグインは4種類。

  • WordPress Popular Posts
  • Simple GA Ranking
  • Jetpack by WordPress.com
  • こじかツールボックス

それぞれ有効化している場合のみドロップダウンリストに追加されます。

サイドバーを表示

シンプルさを重視している為デフォルトではサイドバーは表示されないようになっていますが、情報量を増やしたいという方はサイドバー表示のオプションをご利用下さい。

チェックを入れるとサイドバーが表示されるようになります。

デフォルト値(サイドバーなし)

サイドバー表示

動画で確認

カテゴリー別記事一覧の分割数

ページ下部のカテゴリー別記事一覧は、デフォルトでは横並び2列になっています。

1列~3列の間で、お好みの分割数に設定できるオプションです。

動画で確認

フロントページ上部/下部の記事件数

その名の通り、一覧に表示する記事の件数を指定します。

カスタムフロントページでは、WordPressの設定よりもカスタマイザーの値を優先する点だけご注意ください。

人気記事集計期間

上部右側、カテゴリー別記事一覧(人気記事にしている場合)の集計期間を日単位で指定します。

デフォルトの集計方法に指定されているSANGOのみ、期間を指定しても全期間での人気記事になってしまいます。

これはSANGOの仕様によるものですので、予めご了承ください。

更新日を表示

記事カードに表示される日付を、投稿日から更新日に置き換えます。

更新のない記事はそのまま投稿日が表示されますので、ご安心ください。

チェックなし(投稿日)

チェックあり(更新日)

動画で確認

 

HTMLのtimeタグのdatetime属性についても同じく更新日に置き換わりますので、検索エンジンのクローラにもそのように伝わります。

SEO的にどのような影響があるのかはわかりませんが、十分ご理解いただいたうえでのご利用をおすすめします。

キャッシュを利用する

フロントページの記事一覧に関わる部分のキャッシュを生成し、表示の高速化を図ります。

カスタムフロントページはたくさんの記事を表示する性質上、たくさんのクエリ(データベースへの問い合わせ)が発生し、表示速度は決して速いといえるわけではありません。

一度出力したHTMLをキャッシュ(一時保存)して、次回以降のデータベースへのアクセスを減らすことで表示速度の向上とサーバーへの負担の軽減を目指しました。

MEMO
一度生成されたキャッシュは、保持期間が切れるか新規投稿などが行われるまで残り続けます。

静的なHTMLとして扱われるため、カテゴリー記事のランダム表示などはその時点での固定となります。

サイドバーやヘッダー、フッターはキャッシュの対象ではありませんので、デバイス別に処理を分ける必要なくレスポンシブに高速化できます。

キャッシュの保持期間(h)

上項で解説したキャッシュの保持期間の設定です。

時間単位で設定でき、その期間を過ぎるとキャッシュが破棄されます。

破棄された後にもう一度アクセスがあると再びキャッシュが設定の期間で生成され、高速表示に対応できるようになります。

8 COMMENTS

Isoparametric

はじめまして。
SANGOサポーターを便利に使わせて戴いてます。
一点、質問なのですが「こじかログ」のようにトップ(新着の前)に画像を貼ったりリンクを置いたりしたいと考えてます。(こじか謹製プラグインへのリンクみたいに)
しかし、固定ページをカスタマイズしても反映されません。
こちらどのようにすれば良いでしょうか?

返信する
はるしか

Isoparametric様

SANGOサポーターをご利用いただき、誠にありがとうございます。
こじかログのトップページに置かれている画像およびリンクについてですが、SANGO純正の「ヘッダーアイキャッチ」を利用しております。
WordPress管理ページの「外観」->「カスタマイズ」より、「ヘッダーアイキャッチ」の項目をご確認ください。

よろしくお願い致します。

返信する
寺谷

はじめまして。
SANGOサポーターをフル活用させて頂いております!
特にフロントページにつきましては、ずっとデザインを悩んでいましたので、このような機能を作って頂き、本当にありがとうございます。

すみません、1つだけ質問させて頂きたいのですが
人気記事の集計方法で「WordPress Popular Posts」を選択すると、
「~~~/wp-content/plugins/kojika-sango-supporter/library/popular_posts/class_popular_posts_fp.php on line 359」
トップページにこのようなエラーが表示されてしまい、使用できない状況なのですが、
何か回避方法はあるでしょうか。
現在「SANGO」で集計しているのですが、「WordPress Popular Posts」を使用できるようになれば、集計期間が使用できるので嬉しいなと思っております。
教えて頂けたら嬉しいです。

返信する
はるしか

寺谷様

SANGOサポーターをご利用いただき、誠にありがとうございます。
WordPress Popular Postsを選択した際に、正常にランキングが表示できない不具合が確認できました。
ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありませんでした。

6/30のアップデート(バージョン1.35)にて修正対応済みですので、プラグインを更新の上、再度お試しいただければと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

返信する
寺谷

はるしか様

ご対応頂き、ありがとうございました・・・!
早々に解決して頂いて、本当にありがとうございました。

先ほど新バージョンをダウンロードさせて頂きまして、触ってみたところ
WordPress Popular Postsで集計された人気記事が、
人気記事の欄外、ページの先頭にページ幅と同様のカードタイプがどかんと表示されてしまいました。
(設定は横長タイプにしております)

WordPress Popular Postsのカードの下に「{scc}」という表示が出ているのですが
これは何か私の方の他の設定が影響しているものでしょうか・・・?

質問ばかりで恐縮です。
教えて頂けたら嬉しいです。

返信する
はるしか

寺谷様

大変申し訳ございません、WPPの記事取得用関数の記述が古いままになっておりました。
バージョン1.36にて修正対応済みですので、アップデートでお使いいただけるようになります。

ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
今後ともSANGOサポーターをよろしくお願い致します。

返信する
はるしか

寺谷様

ご連絡が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
ご指摘いただいた部分につきまして、内部コードが古いままになっておりました。
バージョン1.36にて修正対応済みとなりますので、バージョンアップしてお使いいただけますと幸いです。

よろしくお願い致します。

返信する
寺谷

はるしか様

バージョンアップして使用させて頂いております。
WPPが使用できるようになり、人気記事がトップに表示できたことでアクセスが順調に伸びております。
このような機能をお作り頂き、本当にありがとうございます。
引き続き使用させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です