SANGOの完成されたデザインに、もっと便利を。

Custom Permalinksとフロントページの干渉問題の解決方法

WordPressのパーマリンクを自由に変更できるようにするプラグイン「Custom Permalinks」を利用している環境で、SANGOサポーターの機能のひとつ「カスタムフロントページ」が正常に動作しない現象が確認されています。

このページでは、Custom Permalinksとカスタムフロントページを共存させる方法をご紹介します。

固定ページの削除

SANGOサポーターの解説ページをご覧になり、すでにフロント用の固定ページ「kojika-home」を作成してしまった方は、次の手順で固定ページの削除をして下さい。

まだ「kojika-home」を作成していない場合、こちらの手順は不要です。

固定ページ「koijka-home」をゴミ箱へ移動

ゴミ箱を開く

固定ページ「kojika-home」を完全に削除

MEMO
後の工程に影響しますので、必ず完全に削除して下さい。

固定ページの作成

ここからは新規に固定ページを作成します。

以下の手順に従って作業を進めて下さい。

STEP.1
新規追加

管理メニューの「固定ページ」->「新規追加」に移動します。
まだ固定ページは公開しないで下さい。

STEP.2
表示オプションを開く

固定ページ作成画面右上の「表示オプション」タブを開きましょう。

STEP.3
スラッグにチェック

開いた表示オプションの中から「スラッグ」のチェックボックスを探してチェックを入れます。

STEP.4
スラッグを入力

エディター下部に出現するスラッグのテキストボックスに「kojika-home」と入力して下さい。

STEP.5
公開

「HOME」など、わかりやすいタイトルをつけて固定ページを公開します。

以上で固定ページの作成は完了です。

以降の作業は解説ページ「フロントページ実装の手順」のSTEP.2よりご覧下さい。

現象と原因

固定ページ新規作成より、スラッグを未入力のまま公開(下書き保存等含む)してしまうと、パーマリンク設定に則りWordPressが自動的にスラッグを決定してしまいます。

その後、固定ページのパーマリンクを書き換える際に「Custom Permalinks」が有効になっていると、固定ページの元のスラッグはWordPressが自動で決定したまま、新しいパーマリンクへリダイレクトする形で「Custom Permalinks」の管理下に置かれてしまうようです。

そのため「カスタムフロントページは有効です」のメッセージが出現せず、フロントページに指定してアクセスすると「Custom Permalinks」の内部関数と「SANGOサポーター」のテンプレート読み込みメソッドが衝突し、リダイレクトループが発生します。

フロント用の固定ページが「Custom Permalinks」の管理下に置かれなければ問題は発生しませんので、当記事で作成方法をご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です