【MTG】モダンでカンスリやるよ

2 min

人気のカードゲーム、Magic:The Gathering(通称MTG)の話。

この記事は、トレーディングカードゲーム(以下TCG)で遊んだことのある方向けの日記です。

ご存知の方も多いとは思いますが、MTGとは、現在無数にあるTCG達の原点にして、発売から20年以上経過した今なお世界中で愛され続けている最高のゲームです。

もっともよく遊ばれているTCGとして、ギネスにも認定されています。

そんなMTGにおいて、かつて環境を支配した(主観)みんな大好きなスリヴァーの部族デッキ。

※ちなみにスリヴァーは、MTG世界オリジナルの生物種族です。

有効なダメージ発生源(クロック)を用意して、対戦相手の動きを妨害しながら戦うクロックパーミッションというアーキタイプの元祖とも言える、このスリヴァーデッキをモダン環境で活躍させたい。

そんな野望を抱きつつ、ひっそりと調整しながらやっていきます。

※モダンとは、MTGにおける公式フォーマットの一つ。使用可能なカードは以下を満たすもの。

  • 第8版以降の基本セットに含まれているカード。
  • ミラディン以降に発売されたエキスパンションに含まれているカード。(一部例外あり)

まずは雛形

とりあえずざっくりとそれっぽい形のレシピ作ってみました。

20 Lands
3 Scalding Tarn
3 Misty Rainforest
3 Hallowed Fountain
2 Breeding Pool
2 Blood Crypt
1 Overgrown Tomb
2 mutavault
2 Sliver Hive
1 Island
1 Plains

21 Creatures
4 Galerider Sliver
4 Sinew Sliver
4 Predatory Sliver
4 Diffusion Sliver
2 Manacraft Sliver
3 Sedge Sliver

19 Spells
4 Aether Vial
3 Path to Exile
3 Abrupt Decay
4 Mana Leak
3 Remand
2 Domri Rade

サイドボードはまた後日作ります。

基本的な動きとしては、クリーチャーを直接戦場に出す効果のあるアーティファクト《霊気の薬瓶/Aether Vial》を軸として、お互いを強化し合う特性を持つスリヴァー達を展開、対戦相手の動きを《マナ漏出/Mana Leak》等のカウンターカードで打ち消しながら戦います。

よりカードプールの広いレガシーと違ってピッチカウンターの乏しいモダン環境において、そもそもこの形が通用するのか分かりませんが、ちょこちょこ調整しながら仕上げていきたいです。

関連記事たち
はるしか

はるしか

ゲーム・漫画・アニメ・クルマ・ガジェットなど多趣味な雑食系で、わからないこと・気になることがあればすぐ調べないと気が済まないタイプ。
集めた知識を独自の観点でお伝えしていきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です