SANGOの完成されたデザインに、もっと便利を。

上部固定の見出しラベルが表示されないときに確認すること

重要なお知らせ

SANGOサポーターで提供しておりましたPORIPU専用Gutenbergブロックは、誠に勝手ながら2019年10月1日をもちまして機能削除させていただきます。

PORIPU専用ブロックをご利用いただいていたユーザー様は、PORIPU公式より専用プラグインがリリースされておりますので、そちらをご利用くださいますようお願い申し上げます。

また、現在記事内でお使いのPORIPU専用ブロックは、10/1までにPORIPU公式のプラグインのブロックに差し替えをお願い致します。

上部固定の見出しラベルの設定をONにしても表示されないときには、以下の項目を確認してみてください。

チェックするポイント
  • jQueryは読み込まれているか
  • JavaScript圧縮系のプラグインを利用しているか
  • ページキャッシュ系のプラグインを利用しているか
  • wp_footerは出力されているか

jQueryは読み込まれているか

見出しラベルはjQueryというJavaScriptのライブラリを利用して動いています。
そのため、jQueryがブログに読み込まれていないと正常に表示されません。

WordPress標準で読み込まれているので、特別なことをしていなければ該当しない項目ですが、例えば

  • jQueryを読み込まないようにカスタマイズしている
  • またはそのようなプラグインを入れている
  • 自前でjQueryを読み込んでいる(コンフリクトの危険性)

などの場合、確認する必要がありそうです。

JavaScript圧縮系のプラグインを利用しているか

JavaScriptを圧縮するプラグインで高速化を図っているなどした場合、正常に動作しない可能性があります。

プラグインとして代表的なものがAutoptimizeなどですが、JavaSctiptを一つのファイルにまとめて圧縮したり、読み込む位置をヘッダーやフッターに変更したり、特殊な操作をするとJavaScriptのエラーの原因になります。

ページキャッシュ系のプラグインを利用していないか

WP Super Cacheなどに代表されるページキャッシュ系プラグインを利用している場合、見出しラベルの設定をONにしても、JavaScriptが出力される前のページがキャッシュ・表示されている可能性があるため、すぐには表示されないケースがあります。

一度キャッシュをクリアしてみる・キャッシュの有効期限が切れるまで待ってみるなどで対策をとってください。

wp_footerは出力されているか

こちらに該当するパターンはほとんどないかもしれませんが、テーマテンプレートをカスタマイズしてwp_footerを消してしまっていると、見出しラベルを作るためのJavaScriptが出力できません。

見出しラベルをご利用になる場合は必ずwp_footerの記述は消さないようにご注意ください。

SANGOのVer1.8.0より導入された機能「【高速化】投稿ページの記事下コンテンツを遅延読み込み(ベータ機能)」を有効化することにより、見出しラベルの作成に必要な処理が行えず、表示されない現象が発生しております。

将来的にプラグイン側で対応する予定ですが、現状見出しラベルをご利用になる場合は上記の「【高速化】投稿ページの記事下コンテンツを遅延読み込み(ベータ機能)」を無効にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です