PS4のビデオクリップで録画時間を長くするための設定方法

ゲームのプレイ動画をYoutubeなどにアップするとき、PS4のビデオクリップを活用すると思います。

でも、デフォルトの録画時間は15分。
とてもじゃないけど短すぎて意味がない!なんてゲームもあるのではないでしょうか?

実は録画時間は、設定から最大60分まで変更できるのです。

設定変更の流れを画像付きで解説しますね!

設定の流れ

最初に、ホーム画面からPS4の[設定]を開きます。

上部バーの右端の方にあるツールボックスのようなアイコンです。

 設定画面が開いたら、[シェアとブロードキャスト]を選択してください。

シェアとブロードキャストの設定項目が表示されます。

この中から、[ビデオクリップの長さ]を選択します。

デフォルトでは15分に設定されていることがわかりますね!

30秒から60分の間で設定できますので、お好みの長さに変更しましょう。

60分だと処理能力の都合か、実際は若干短くなったりするようなのでご注意を。

以上で設定は完了です。

さいごに

PS4は標準でビデオ編集アプリもインストールされていますので、できるだけ長時間撮って編集してアップロードという使い方が捗りそうですね。

面白いワンシーンだけを手軽にSNSにシェアしたい方は、短めの設定にしておくのも選択肢に入りそうです。

ご自身のプレイスタイルに合わせて設定変更して、快適にプレイ動画共有ライフを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です